WELCOME TO MY HOME PAGE



金取引について

金のビジネスに関しては、ビジネスは24時間世界の至る所で遂行されます。
グラムにつき日本の金のビジネスは、円ベースで、果たされます。
言い換えると、その日の円/ドル為替レートで国内価格に国際的な価格(金衡1オンスにつき米ドル価格)を交換することと、もう31.1035でそれを壊して、グラムにつき円ベースの価格を計算します。
料金と消費税は、これに加えられて、本当の売り買いのために、店の販売価格です。
日本のお金の価格について考えるとき、その時米ドル価格の変更と為替レートの変更を考慮することが必要です。
そのうえ、国際的な価格は、CIF価格を使います。
CIF価格は、運賃保険料込条件の下の価格です。
CIFがCost、InsuranceとFreightの略称であるとき、製品の所有権は買い手へ移る条件です。
そして、製品は買い手が指定する場所に着きました。

金はインフレ垣根機能があると言われています。
そして、それが下がるとき需要がコントロールされるインフレ率が上がって、向かうとき、要求は増加します。
資金が移される傾向でそのほかに、ありますために見えます各々の国の株式市場の大暴落が知覚に応じて国際的な状況で起こる商品資産である金です。


金の純度